かに通販3キロで失敗したくない!評判のいいカニ通販サイトはこちら

kani_headerかに通販3キロで失敗したくない

  • 思ったより身が少ない
  • 色がおかしい
  • 味がうすい

カニの通販でこんな経験したことがある人は少なくない。

通販サイトで最も大切なのは安心。

当サイト管理人が実際に使ってみて安心のかに通販サイトをこっそり教えます。
それは、カニ通販サイト最大手の「かに本舗」はこちら


でも本当に安心なの?という疑問がある場合はこちらの口コミを確認してください
。これだけ多くの方の生の声をきけば納得するでしょう。

 

美味しいカニの選び方

カニは、食用とされている種類の中で日本で有名なものにはタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニが三大カニとして親しまれています。花咲ガニを含めると4大カニとなります。その他の各地の名産品では、松葉、越前などがあります。近年では上海ガニも高級カニとして流通しています。本来のカニと少々違う食感が楽しめるものにはソフトクラブシェルなどがあります。カニはどの種類でも貴重で高級な食材です。せっかく購入したものが実入りが少ないとがっかりします。甲羅で覆われているため中身がどのくらい入っているかが分からないことも選び方を難しいものとしているためです。カニの選び方は、タラバガニの場合雌雄で分ければ雄を選びます。その中でも色が鮮やかであり、甲羅や脚が硬いもので大きな物は身が多く詰まっています。ズワイガニは、本来の味が最も楽しめるとも言われ食べやすさからも人気があります。こちらもずっしりと重さのあるものを選びます。甲羅や脚に黒いぶつぶつとした点状の突起があるものが良いでしょう。ズワイガニも雄が体躯が大きいために良いとされています。毛ガニは冬が旬です。それ以外の季節で活きたものを購入する時は、やや実入りが劣る場合があります。いずれも目で確認して手にとって購入する場合の選び方の基本ですが、通販など自ら選ばないで画像だけで判断して購入する場合は業者を比較し検討することが賢明です。凍ったままでの重量測定などで、広告に歌われている重さなど実際の重量と異なることもあるためです。

タラバガニの食べ方と味

タラバガニとは、学名をParalithodes camtschaticusと言います。エビ目ヤドカリ下目たらばがに科たらばがに属に分類されます。知っての通り、甲殻類と呼ばれるものの一種です。タラバガニを始めとしたカニは、日本では刺身は勿論、カニすきやカニしゃぶといった鍋や、焼きガニなどで大昔から親しまれている甲殻類です。外見はトゲトゲしています。タラバガニの産地は北海道以北や、ノルウェー、ロシアなどです。「タラバ」という名前の由来は、「たらが取れる場所=たら場」となっているようです。食べ方として特徴的なのは、カニ味噌は食べないという点です。味が淡白なため、カニすきなど、他の具も一緒に入れて食べる鍋料理などが向いています。味の方は淡白ですが、食べごたえがあるという点で人気です。足が太いので、ぷりっぷりの引き締まった身による歯ごたえが楽しめるのです。前述のようにカニ味噌は食べません、何故なら、その量がとても少ないというのが特徴でもあるためです。特に人気のあるもう一つの蟹であるズワイガニと比べると足も太く、全体的にずんぐりとした大きな甲羅です。どちらもカニですがタラバはヤドカリ上科、ズワイはケセンガニ科と、こういった点で大きく違うのが特徴です。つまり、タラバガニは厳密にはカニではないのです。しかし食べる側にはそんなことは問題ではありません。タラバガニは、ヘルシー食材としての効能や、神経痛、生理不順などを緩和する働きが期待できたりもするのです。美味しく、ヘルシーなタラバガニを沢山食べて、健康になりましょう。

ズワイガニの食べ方と味

ズワイガニは、カニの中でも身が引き締まっており、甘みが強く、深みのある味わいなので、幅広い年代の人に人気があります。
秋冬の時期は、ズワイガニに収穫量が増えますし、旬の時期になるのでおいしい食べ方を知っておきたいという人が増えています。
大変ポピュラーな食べ方では、カニを湯がいて、酢醤油やポン酢で食べるとおいしいですが、量が多いと飽きてしまうこともあります。
ズワイガニは、天ぷらにするととても甘みが強く、身に厚みがあるのでとてもおいしい食べ方です。
天ぷらの衣を薄めに付けておくようにして、180度ぐらいの高温で揚げると、カニに風味を損なわず、おいしく食べることができます。
ズワイガニは、殻が付いた状態で焼いて食べると、甘みや旨みが強くなるので、高い人気があります。
酢醤油を付けて食べても美味しいですが、バターとも相性が良いので、バター焼きもお勧めしたいです。
高品質で上質なズワイガニを購入した時は、冬の定番メニューのしゃぶしゃぶがお勧めしたいです。
春菊や白菜、えのきやしめじなどのキノコ類や、豆腐などを具に入れるとおいしいですし、身が固くならないうちにさっと、お湯にくぐらせるのがポイントです。
しゃぶしゃぶを食べ終わった後は、野菜のだしやカニの旨みなどがお汁に残っているので、青ねぎや卵を加えて雑炊にして食べるととてもおいしく味わうことができます。
ズワイガニをインターネット通販で購入した時や、友人や家族にギフトで受け取ったときは調理を工夫してみると良いでしょう。

かにしゃぶにあうカニの種類と選び方

カニの贅沢な味わい方のひとつに、かにしゃぶにして食べるという方法があります。
かにしゃぶとは、牛肉のしゃぶしゃぶと同じようにお箸でカニの脚を持ち、お鍋に入れて火を通してから食べるやり方です。
かにしゃぶに合うカニの種類としては、タラバガニよりもズワイガニの方が向いています。
カニの繊細な味わいと甘みを堪能したいならば、大味のタラバよりもズワイがお勧めです。
そして、かにしゃぶとして食べる場合には、出来るだけ脚が長く、身がぎっしりと詰まったものを選ぶと良いでしょう。
脚が長ければそれだけしゃぶしゃぶのし甲斐がありますし、口の中で頬張ればカニの風味が口いっぱいに広がって贅沢感が味わえます。
ところで、カニをしゃぶしゃぶにしやすい形にするには、端の部分を残して殻を剥く作業が必要になります。
これが結構面倒で地道な作業になるので、もっと手軽に食べたい場合には、元からしゃぶしゃぶ用として売られているズワイガニを選んで購入すると便利です。
かにしゃぶにする際のポイントは、火を通し過ぎない事に気を付けてください。
火を通しすぎると、せっかくの柔らかいカニの身が固くなってしまうので、かにしゃぶをやりながら、絶妙な火の通り加減を探ってみましょう。
かにしゃぶをたっぷりと楽しんだ後は、お鍋にカニの旨みがスープとして残っています。
締めとして、ご飯や卵、ネギなどを投入すれば、カニ雑炊を楽しむこともでき、カニの旨みを余すことなく味わう事が出来るのでお勧めです

かに鍋にあうかにの種類と美味しい食べ方

もともと鍋はどんな食材でも合いますが、中でもカニとあれば、食通にも満足してもらえるでしょう。
カニはうま味が優れているので、かに鍋にすれば一層引き立つのでおすすめです。
しかし、種類によっては少し配慮が必要になります。
出汁を取ることが主眼であれば、ワタリガニが一番でしょう。日本海方面では、結構流行っていますが、かにそのものを味わうというわけではないので、かに鍋とは言えないかも知れません。太平洋側でも、マガニという名称のカニで出汁を取ることもあり、この身も乙な味がしますが、ボリュームがないので、やはりかに鍋とは呼べないところです。
それからすると、最も適しているのはズワイガニと言っていいでしょう。味よし、食べがいよしと言えるからです。採れる地方や形などで、松葉ガニとか越前ガニと言われるものです。紅ズワイガニやセイコガニという場合もありますが、ズワイガニの仲間と言っていいでしょう。
次いで、食べごたえがあって、味も濃厚で納得感があるのが、タラバガニと言えるでしょう。こちらは何と言っても口にほうばったときのボリューム感が満点なので、特に若い人向けです。同じような形で、花咲ガニと言う種類もあります。こちらは時期や漁の関係もあり希少性があるので、塩ゆでが一番という人も少なくありませんが、鍋でも存分に味を堪能できます。
最近では種類的には少し違うアブラガニというのも登場していますが、こちらは花咲やタラバに比べると、3番手と言わざるを得ません。
その他、毛蟹やタカアシガニ、上海ガニもありますが、これらは精細な美味を味わうには茹でて食べるのが一番と言えます。

焼ガニに最適な蟹の種類と美味しい食べ方

焼ガニに向いている蟹は、ヤドカリ科に属するものが適しています。代表するものといえば、タラバガニや花咲ガニがあります。特にタラバガニは花咲ガニに比べとげとげしさも少なく、家庭で作るにはタラバガニのほうが、お値段と食べやすさ両方の点から見ても無難といえます。また、これらは甘みが多く、味が濃いので蟹をおいしく食べることができます。
では、美味しい食べ方はどんなものがあるでしょうか。まず、美味しさの決め手となるのが「焼き方」です。蟹はじっくり時間をかけながら徐々に焼いていくと甘味が出て美味しくなります。コンロや網で食べるのもいいですが、ホットプレートなどでゆっくり低温で焼く事のできるものだと、失敗を恐れず本格的な味を出すことができます。焼き方としては、ホットプレートやフライパンの上に並べて、蓋をしたらじっくりと蒸し焼き状態にしていくよう火の調整をしていくだけです。
また、焼き方や調理の仕方も大事ですが、味付けによって美味しさを引き出すこともできます。たとえば、焼ガニにレモンや酢橘などを添えるのもさっぱりとした味になります。また、焼いているときに、醤油を少量たらしたり、少し割った甲羅や足の部分に日本酒を流し込んだりと、調味料ひとつで焼ガニも味のバリエーションが広がります。家庭でも、このような調味料は準備しやすいので、いろんな味を試しながら、また新たに合う調味料を発見しながら焼ガニを楽しむのもいいかもしれません。


      2015/09/28

 - 未分類